Q、裁判で認められる離婚の事由ってなにがあるの?

 

A,裁判で認められる事由は5つあります。

①不貞行為

②悪意の遺棄

③3年以上の生死不明

④回復の見込みのない精神病

⑤その他、婚姻継続し難い重大な理由

 

※離婚事由に当てはまらないようなものでも、限度を超えれば⑤として認められる場合もあります。



Q、不貞行為について

 

A,不貞行為で重要な問題なのは性的な関係を結んだかどうかで、手を繋いだりデートをしたといったことだけでは認められません。

また、性的な関係が1回きりなどの場合は夫婦関係の継続が可能と認められることがあり慰謝料も低くなる場合があります。



Q,悪意の遺棄について

 

A,夫婦には結婚生活での3つの義務が課せられており、この義務を果たさなければ離婚事由となりえます。

【悪意の遺棄】の【悪意】とは夫婦関係の断絶を企む、もしくは容認するといった意味がありあます。

 



Q,結婚生活の3つの義務ってなに?

A,

【同居義務】

夫婦は同居の義務があります。

配偶者の承諾を得ないで勝手に別居を始める、配偶者を家から追い出す、家に帰って来れるのに外泊が多いいなどは、

同居義務違反に該当しますので、離婚事由になります。

 

【扶助義務】

夫婦はお互いが同じレベルの生活を過ごせるように努める義務があります。

理由もなく働かない、生活費を渡さないといったことは扶助義務違反に該当しますので、

離婚事由になります。

 

【協力義務】

家事、育児を協力しなければならない義務、ただ協力義務に関してはお互いの主張がある為、

 

これだけを離婚事由として、離婚を進めるのは難しい。



Q,3年以上の生死不明について

 

A,3年以上、行方不明、生死がわからない場合は裁判で離婚することが可能です。

 



Q回復の見込みがない精神病について

 

A,重度の精神病にかかって治る見込みがない場合は離婚事由として認められます。



Q,婚姻継続し難い重大な事由とは

 

A,『酒乱』『借金問題』『夜の営み問題』『長期間の別居生活』『DV』『モラハラ』『などなど』



Q,離婚する時の財産分与ってなに?

 

A,財産分与とは婚姻期間中の財産を、離婚する時に折半することです。



Q,養育費ってなに?

 

A,親権を取った方に、取っていない方が、子供の生活費を渡すお金のことを養育費と言います。



Q,慰謝料ってなに?

 

A,離婚事由になることをした場合に相手に払うお金のことを言います。



Q,婚姻費用ってなに?

 

A,別居などをしたとき、お互いの生活水準を同レベルする為に収入が多いい方が少ない方に渡すお金を言います。

婚姻関係の間は扶助義務が発生するからです。



Q,別れた相手が子供に合わせろって言うのだけれど断れるの?

 

A,特別な理由がない限り、元配偶者の子供に対する面会交流は拒めません。

トラブルを避けるためにも事前に取り決めを行うのがいいです。



Q,面会交流を拒める特別な理由ってなにがあるの?

 

A,まずはじめに、子供が会いたくないと言えばそれまでですが。

それ以外の理由では、親権者の悪口、子供を連れ去る可能性がある、子供に暴力をふるう、

面会交流の取り決めを守らない、等々あります。



Q,離婚が成立するまでの流れってどんな感じなの?

A,



Q,離婚調停の流れってどんな感じなの?

離婚調停の流れの図解

このサイトのQ&Aは、弁護士法人ダヴィンチの森立弁護士協力の元お答えしております。